HOME
■SEARCH■

■CALENDAR■
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<Back 2019/02 Next>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■OTHER■
Uです。

去年一年で楽しかったことを一気にアップしてます。
レッドブルなど不要です。飲みの席でのアルコールも不要です。
私はナチュラルハイです。 

言い過ぎました。フツーです。

ある日のこと、奥様に日頃の家事子育てから羽を伸ばして一人の時間を満喫してもらうため、
私は当時1歳半の息子と近所をぶらぶらしてました。
コンビニ前のバス停の椅子でおやつを食べているとバスが到着。
特に予定もなかったので何も考えずバスに飛び乗りました。

うーん、息子とバス旅、ただそれだけで楽しい。

私が言うのもなんですが、とても行儀のいい子なので景色みたり水筒のお茶飲んだり、静かにしてます。
楽しんでくれてたのかな。

30分程乗ったでしょうか、終点の醍醐バスターミナルに到着しました。
するとターミナルの端で談笑していた、チョイワルを大きく超えた恰幅のいいタクシードライバーさん
2人が何やら嬉しそうに1歳の息子に声をかけてくれました。
ドライバーさん『オウ!ええやないけ!』
息子 『、、、』 ←萎縮したわけではなく、まだ話せないだけです。
どうやら息子の阪神帽が気に入られたみたいです。
私『あ、ありがとうございます!ハハッ!』
その後更に嬉しそうに何やら仰っていましたが、
私があいにく阪神ファンでないどころか野球のルールもロクに分からないので
『そっすねー!』としか言えませんでした。

ターミナルから醍醐寺まで徒歩20分程ですが、息子は坂道大好きなのでテクテク歩いていきます。
結局醍醐寺まで20分一度も抱っこをねだられませんでした。
この前産まれたばかりなのに、大きくなったなあ。
これはあっという間に大きくなって、こっちが抱っこしたくてもさせてくれなくなりますね。
後でもっとしておけばよかったと後悔しないよう、抱っこして~って言われてるうちに腕の一本や二本くれてやるつもりで抱っこしようと思います。
話が脱線しました。

醍醐時ですが行ってみてびっくり。大変失礼ですが、観光地図の端のほうにあるというだけで、
大した寺でもなかろう、と思ってました。
この規模の寺、京都市内ではなかなか無いのではないでしょうか。
知ったかぶりをしていた自身を恥じました。
年2回毎年はるばるアメリカからケイズにとまりにきてくれるPさん、イスラエルのOさん、
あなた達の気持ちが少しわかりましたよ。
京都の奥深さ、これはハマってしまうと大変ですね。
(そういえば京都に住んでいて、休日に家族で遊びに行く場所に困ったことなかったな、、、)

これまた失礼な表現かもしれませんが、醍醐寺、ちょっとしたテーマパーク並みの時間を過ごせますね。

ひたすら醍醐寺内を散策した後、帰りは地下鉄で帰ってきました。
私は物思いに耽り、息子はポン菓子をひたすら食べておとなしくしてました。

1人の時間を満喫した奥様ですが、私達のあまりの楽しそうな雰囲気に羨ましがっておりました。

良き一日でした。

Uでした!
K’s House Kyoto | 08:46 PM | comments (x) | trackback (x)